htmlメールのメリットを知って効果的なメール配信を行おう

メールの形式にはテキストメールとhtmlメールがありますが、htmlメールを利用することでより目的に合ったメールを作成することができます。
これから、そのhtmlメールを利用するメリットや作成方法などをご紹介します。

htmlメールとテキストメールの違いとは

メールの形式には文章のみで作成されるテキストメールとhtmlメールという形式のものがあります。htmlメールでは、文字の色や大きさ、フォントを好みのものにできたり、画像や動画、表などをメールのなかに埋め込んだりすることが可能です。そのため、テキストメールに比べてデザイン性が高くなり、視覚的な印象も強くなります。主にメールマガジンなど、興味を強く引き付けたいメールでの利用がおすすめです。
ただし、htmlメールの受信に対応していない場合もあるため、テキストメールとhtmlメールの両方を送るマルチパート配信を行うことがより良いでしょう。そうすることによってより多くの方へ情報を発信することができます。

htmlメール使用することによるメリットとは

htmlメールは配色やレイアウトが自由に決められるので、より内容を理解しやすくするための表現ができます。画像や動画を効果的に使用することによって、テキストだけで表現するよりも、視覚的訴求力を高めることも可能です。また、ボタンやテキストを装飾することによって、テキストメールよりも高い反応率が期待できるでしょう。もちろん、メリットだけではなく注意すべき点もあります。htmlメールはテキストメールよりもファイルサイズが大きくなる場合が多いので、特に画像や動画を埋め込むときには注意が必要です。受信者が使用しているメールソフトによってはレイアウトが崩れる場合もあるので、事前に表示確認の検証を行うのも重要です。

実際にhtmlメールを作成するにはどうするのか

htmlメールは、webページにも使われているhtmlとcssによって作成します。htmlのテーブルタグ(<table></table>)を使ってレイアウトするのが基本です。というのも、web制作の現場ではテーブルタグによるレイアウトは使われなくなりましたが、メールソフトではブラウザに比べてcssへの対応が進んでいないためです。また、htmlのソースに直接cssを記述するのも基本的な書き方になります。これもメールソフトによっては外部のcssを適切に読み込めない場合があるからです。
そのほかには、すでにデザインされたテンプレートを選びテキスト追加することでhtmlメールを作成できるツールがあるので、htmlやcssに詳しくない方は利用してみるのもいいでしょう。