htmlメールで視覚に訴えよう

企業のメールマガジンで採用されているhtmlメールは、テキストメールではできない表現ができます。画像を埋め込む、フォントサイズやカラーを変更するなど読者の視覚に訴えかけるメールが作成可能です。今回はhtmlメールの仕組みから効果的な使い方までをご紹介します。

そもそもhtmlメールって何?

htmlメールは「html言語で記述したメール」のことです。背景色の設定はもちろんフォントサイズの大小やフォントカラーの変更、リンクや画像を埋め込み、表の作成なども利用できます。文字だけのテキストメールよりも表現の幅が広がり、見やすく読みやすいメールを自在に作ることが可能です。感覚的にはWebページをメールにしたものと考えてください。
たとえば、新商品の画像を埋め込み、画像をクリックすると商品ページに飛ぶといった使い方ができます。htmlメールは画像を埋め込むことにより、メールの開封率を確認することも可能です。メールマガジンの開封率はメールマーケティングにおいて重要なものなので、htmlメールを有効に使いたいものです。

htmlメールを使うメリットとデメリット

htmlメールのメリットは上記で記載したとおり、表現の幅が広がる点です。メールを開封しただけでどのような内容かが一目で理解できるので、読んでもらえる確率が上がります。html言語に慣れていれば、比較的簡単に作れるのもメリットと言えるでしょう。
反対にデメリットは受信してもらえない可能性があることです。迷惑メール設定でhtmlメール自体を受信しない設定にされていると相手にはhtmlメールが届かなくなります。htmlメールはスクリプトの組み込みもできるため、悪意のある使い方をする人もいます。メールを開いただけでウイルスに感染した事例もあるため、最初からhtmlメールを受け取らない設定にしている場合は多いのです。

初心者がhtmlメールを作る方法

「htmlメールを作りたいけど、html言語がわからない」という場合はメール作成支援サービスを利用する方法があります。コストがかかりますが、すぐにメールマガジンが送れるようになります。または無料でメールマガジン用のテンプレートを配布しているサイトを利用するのもいいでしょう。
htmlメールは閲覧する機種によって表示のされ方に違いがあります。せっかく作ったhtmlメールでもレイアウト崩れを起こしてしまう可能性があるので、全てのメールクライアントに対応しているテンプレートを使うのも有効です。このようなサービスは基本的に無料ですが、送信回数やツール使用の有無によっては料金が発生する場合もありますので、よく確認してから利用してください。